*

脇の汗染み対策、簡単に出来る6つの方法!

公開日: : 健康・美容, 生活

脇の汗染み対策、簡単に出来る6つの方法!

 

脇汗の染み

 

女性にとって、夏の脇の汗染み対策は、いつの時代も悩みの種です。

冬場と違って、夏は薄着になる分、脇の汗染みは隠しにくいです。

 

脇汗をかいてしまう原因や、その対策について見ていきたいと思います。

 

そもそも「脇汗」とは?

「脇汗」とはその名のとおり、脇にかく汗のことです。

 

脇汗が出るメカニズムは、脳の指令によるもので、この命令は、脊髄を通り、交感神経を通して、汗腺に届き、汗が出ます。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、この二種類の神経のうち、人は交感神経が優位なとき、汗をかきやすくなります。

 

この自律神経は、自分の意志でコントロールできるわけではなく、体が自動的にコントロールをしています。

自律神経が誤作動を起こした時、必要以上の大量の汗をかくことになります。

 

「脇汗」の主な原因は?

脇汗を大量にかく主な原因として、「ストレス」が考えられます。

 

人はストレスを感じたり、緊張、不安を感じると、大量の汗をかきます。

これは、ストレス時に交感神経が働き、男性ホルモンや副腎皮質ホルモン、アドレナリンなどが皮脂の分泌を促すためです。

 

そして、ストレスを抱えているときほど、汗の臭いも強くなります。

 

ストレスによって、大量に汗をかくことで、今度はその汗がストレスの原因となり、さらに汗をかくという、悪循環に陥ってしまいます。

 

脇汗対策は、何が重要?

脇汗対策として、最も重要なのは、脇汗をまめに拭き取り、常に皮膚を清潔な状態に保つことです。

また、脇毛の脱毛をすることで、脇汗をかきにくくなることもあります。

 

脇汗のニオイの原因は、脇毛にいる細菌が増殖してそれが臭うため、菌の温床である脇毛を処理してしまえば、菌の増殖も避けられ、ニオイ対策としては有効です。

 

また、最近は脇汗用の制汗スプレーなども販売されており、様々な「制汗グッズ」「脇汗対策グッズ」を使用してみるのもおすすめです。

 

ストレスが原因で、脇汗がひどい場合、そもそものストレスの原因を出来るだけ解消するよう試み、さらに、具体的な脇汗対策を講じることで、今より状況が良くなる可能性は高まります。

 

規則正しい生活、食生活の改善、メンタル面のケアを十分にすることも重要と言えるでしょう。

 

簡単にできる、脇の汗染み対策、6つの方法!

以上、脇汗対策について見てきましたが、もっと具体的で簡単にできる脇の汗染み対策があるんです!

 

汗染みの目立たない服を着る

洋服の色で言えば、黒や白い服のほうが汗染みは目立ちません。

さらに、小花模様やチェック柄などの柄物の方がより目立たないと言えます。  

 

一方、赤、青、緑、やそれに近い色は、汗染みが特に目立つ色です。

 

また、袖のデザインが、少し余裕のあるタイプのものの方が、脇の汗染みは目立ちません。

袖口がモモンガのように広がる「モモンガスリーブ」や、袖ぐりの深い「ドルマンスリーブ」「バタフライスリーブ」といったデザインのものは、特にオススメです。

 

肌に密着したトップスは避けたほうが無難です。

少しゆとりのあるダボっとした感じのトップスの方がいいでしょう。

 

夏でも薄着のカーデガンを一枚羽織る

薄地のニット素材のカーデガンを一枚羽織ると、万が一、汗染みが出来てしまっても、さりげなく隠すことができます。

冷房よけに薄手のカーデガンを羽織る人は多いので、特に違和感はないと思います。

 

脇用汗取りパット、汗取りインナーを着用する

手持ちの洋服の脇部分に、内側から「脇用の汗取りパット」を取り付ける、もしくは、最初から「汗取り用のパット」がついているタイプのインナーを着るのがおすすめです。

 

汗をかく前に、制汗スプレーをする

お風呂上がりなど、脇にニオイの原因となる菌がいない状態の時に、制汗スプレーをかけるのがおすすめです。

ただし汗をかいてからだと、かえって不快な臭いになりやすいので要注意!

匂い付きのものではなく、無香料で汗をしっかり抑えてくれるタイプのものを選びましょう。

 

脇の下に直接貼るタイプのシートを貼る

あまり知られていないのが脇に直接貼るタイプの汗取りシート

ごわごわせず、簡単に剥がれないので、結構おすすめです。

 

ツボを押す

脇汗対策に効果があるとされるツボは、脇の下にある「大包(ダイホウ)」というツボです。

昔から、舞妓さんや芸妓さんの間でよく知られたツボで、その制汗効果は非常に高いと折り紙つきです。

 

 

以上、脇の汗染み対策で簡単に出来る6つの方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

汗をかくこれからの季節、自分にあった汗染み対策が見つかると良いですね☆

 

我が家も夫と子供たちが非常にあせっかきで、色々悩んでいました。

でも、先ほど紹介しました6つの脇の汗染み対策を試してからは大分改善されて、今では殆ど気にならなくなりました^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

夏バテの原因って!?症状・対策方法は!?

夏バテの原因って!?症状・対策方法は!?   とうとうやってきましたね。暑い季節!!!

記事を読む

脱水症状の対策に効果的なのはポカリとアクエリどちら!?

  風邪をひいた時やスポーツで汗をかいた時など、気を付けないと脱水症状を起こしてしま

記事を読む

小鼻の黒ずみはオリーブオイルで改善!パックは絶対にやっちゃダメ!

小鼻の黒ずみはオリーブオイルで改善!パックは絶対にやっちゃダメ!      

記事を読む

睡眠不足が続くと病気になるって、一体どんな!?

  みなさんこんにちは(^^)/  毎日元気に過ごされていますでしょうか? &n

記事を読む

子供が胃腸炎!!受診する?しない?目安が知りたい!!

 胃腸炎って冬になると流行りだしますよね。我が家の子供も先週胃腸炎にかかってしまい大変でし

記事を読む

バリウム検査の前後に気を付ける事

健康診断って憂鬱ですよね。 何が一番嫌いって、ダントツでバリウム検査です。  バリウム検査

記事を読む

肥満外来の効果は?保険適用はあるの!?

肥満って年を取るごとに深刻な悩みとなっていきますよね。若い時って新陳代謝が活発だから何もしなくっても

記事を読む

カモミールティーはノンカフェインの万能薬だけど妊婦さんは注意!

  ハーブティーの中でも優秀なカモミールティー 最近は色んなお店で手軽にハーブティーが手に入

記事を読む

結婚式前に背中の産毛を処理したい!どんな方法が良いの!?

結婚式前に背中の産毛を処理したい!どんな方法が良いの!?     結婚

記事を読む

【エボラ出血熱】日本のコウモリは大丈夫なの!?

  エボラ出血熱の媒体となっていると言われているコウモリ。 日本でコウモリに遭遇し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑