【詳しく知りたい】情報館

生活している中でのちょっとした疑問や不安。詳しく知りたいから調べちゃいました!

まつげエクステに潜む危険性!トラブル続出!失明の可能性も!?

スポンサーリンク


まつげエクステに潜む危険性!トラブル続出!失明の可能性も!?

最近、おしゃれな女性の間で流行っている「まつげエクステ」、皆さんはご存知でしょうか?メデイアでも度々取り上げられ、雑誌などでも特集が組まれたりしていますね。その一方で、実はこの「まつげエクステ」に関しては、様々なトラブルも報告されています。

 

まつげエクステ

 

そもそも「まつげエクステ」とは何でしょうか?

まつげエクステ(まつげエクステンション)は、化学繊維などで作られた人口のまつげを、グルーという接着剤を使って、自分のまつ毛に装着する技術のことです。つけまつげやマスカラにはない自然な仕上がりで、自分のまつ毛がさらに長く濃く見えます。

「つけまつげ」は、まつ毛をボリュームアップ出来ますが、いかにも「つけまつげ」、といった感じになりやすく、取れやすいという欠点があります。一方「まつげエクステ」は、まつ毛の一本一本に人工まつげをつけるので、自然にまつげのボリュームをアップできます。

「まつげエクステ」は、1本のまつ毛に対して人工のまつ毛1本を装着するという方法で、両目で数十本から時には100本以上もの装着を行います。非常に細かく専門的な技術を要するので、まつ毛エクステンションを提供している営業所や施設に出向き、専門の「まつげエクステ技術者」によって、装着してもらいます。

 

「まつげエクステ」のメリット・デメリット

「まつげエクステ」のメリットは、まつげエクステによって目もとの印象をガラッと変えることが出来ることです。

以前は単に付けるだけだったまつげエクステも、最近は技術が進歩し、まつ毛の長さや量を増やすだけでなく、長さ・太さ・カールの組み合わせで、様々なデザインを可能にしました。自分のコンプレックスを、これによって解消することが出来るようになったのです。

また、まつげエクステをすることで、メイク時間の大幅な短縮が可能となります。ビューラーをしなくてもカール効果が持続し、マスカラをつけなくても十分な長さとボリュームを維持できます。アイメイクをしなくても、目元がパッチリした印象になるのです。

一方、デメリットもあります。まつげエクステをつけた目元をうっかりこすってしまうと、エクステが取れてしまったり、自分のまつ毛ごとごっそり取れてしまったりします。また、アイメイクをしても、落す時にクレンジングジェルを使う事が出来ません。クレンジングジェルと一緒に、エクステを接着している接着剤(グルー)が落ちてしまい、一緒にエクステも取れてしまうのです。

 

「まつげエクステ」による危険性、トラブルとは?

以上みてきたように、一部注意は必要なものの、非常に魅力的に見える「まつげエクステ」ですが、実は様々な深刻なトラブルも報告されています。

消費生活センターに報告されている、まつげエクステによるトラブルや被害の中で多いものは、エクステを行ったことで「まぶたが腫れた」、「角膜炎になった」、「充血がおきた」、「涙が止まらない」などの症状です。

特に、接着剤のグルーが原因で、角膜に傷をつけてしまい、失明寸前になったという深刻な事例も報告されています。

まつげエクステは、「目」という非常にデリケートな部分に、接着剤などの刺激物を使用するので、危害が多いことは事実です。また、まつげエクステは人工毛で出来ているため、本物のまつ毛に比べて硬く、目に入ったり、目をつかれたりすると、自毛よりも目を強く刺激してしまい、危険が大きいです。

安易な気持ちで考えていると、取り返しのつかない事態になりかねません。

 

「まつげエクステ」による被害にあわないために

色々なリスクも考えたうえで、それでも「まつげエクステ」を行いたいと思った場合は、「まつげエクステ」を扱っているサロンなどについて、事前に十分に調べておく必要があります。サロンの技術など、十分納得し信頼のおけるところを選ばなくてはいけませんね。

本来、まつげエクステは美容師しか行う事が出来ませんが、そのことを知らない業者や、知っていても無視する悪質な業者によって、無資格のスタッフが「まつげエクステ」を施行し、様々な深刻なトラブルが引き起こされています。

角膜を傷つけると失明の恐れもありますので、簡単に考えてはいけません。

「まつげエクステ」を行うときは、細心の注意を払いたいものですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top