【詳しく知りたい】情報館

生活している中でのちょっとした疑問や不安。詳しく知りたいから調べちゃいました!

カビ肺炎は放っておくと怖い!その気になる症状と原因、対策とは!?

とうとう梅雨入りしましたね。

毎日ジメジメしていて気持ちが悪いですね。

 

でもこの梅雨時期のジメジメ、ただ気持ち悪いだけじゃなく、健康にまで影響を及ぼす厄介なものなんです!

 

こちらの記事では、この梅雨の季節に増える厄介な病気、「カビ肺炎」について、分かりやすくご紹介します。

ウイルス

 

スポンサーリンク


カビ肺炎とは?

「カビ肺炎」って、聞きなれない言葉ですよね。

「カビ肺炎」の正式名称は「夏型過敏性肺炎」と言います。

 

この季節はジメジメして、トリコスポロンというカビ菌が増えてきます。

このトリコスポロンを吸い込むと、肺の中でアレルギー反応を起こすのです。

そしてそのアレルギー反応によって、夏風邪のような症状が現れます。

この病気をカビ肺炎と呼んでいます。

 

 

カビ肺炎の原因と対策

カビ肺炎の原因になるトリコスポロンは、湿気の多い場所で増殖します。

具体的には高温多湿になる台所、脱衣所、お風呂場です。

特にお風呂場のドアに木の枠を使っているご家庭などは要注意だそうです。

 

こまめに掃除をして、空気の通りを良くして乾燥させる事が大事です。

 

しかし、一番の原因と言われているのは、実はこの季節に大活躍のクーラーなんです。

クーラー内部のカビが大放出されるこの季節は、使用前に一度クーラーの掃除をした方が良いと思います。

 

市販の洗浄スプレーでも良いと思うんですが、洗浄成分が固まって逆に汚れが付着しやすくなる、なんて事も耳にしますので、きちんとした大手の業者での掃除を依頼した方が安心かもしれませんね。

 

 

カビ肺炎の気になる症状

カビ肺炎の症状は、夏風邪に良く似ています。

症状が現れる時期も、高温多湿でカビ菌が活発になる5月~10月頃と暑い季節なので、夏風邪と勘違いする人が多いようです。

 

微熱、咳、痰、だるさが主な症状です。

 

咳が数週間続いて、呼吸が苦しくなってくる亜急性と、カビを吸い込んでから痰のある咳が出始め、徐々に激しく咳き込むようになる急性型があります。

ひどくなると呼吸困難になる場合もあります。

 

11月頃になると涼しくなり、カビの繁殖も減少するので症状が落ち着いてきます。

 

 

カビ肺炎は医者でも診断が難しい!?

医者でも夏風邪とカビ肺炎の見分けは難しいようです。

 

夏風邪だと診断され、薬を処方されたとしても症状が収まらなかったとします。

でも夏風邪だからそのうち良くなるだろう、とそのまま放っておくと呼吸困難などを引き起こす事もあります。

 

そうして重症化した際に入院し、点滴治療などを受けたとします。

その場合、一旦症状が改善されたように感じるのですが、これはカビ菌を吸い込んでいない状態が数日続いた事でカビ肺炎の症状が落ち着くからなのであって、根本的に治ったという事ではないのです。

カビ肺炎には治療という治療方法がなく、原因となる対象から離れる事が一番の治療という事なのです。

なので、入院している際にカビ肺炎の原因物質から離れているので、症状が落ち着くのです。

そうして退院して家に帰ると、また症状が現れ始めてしまいます。

 

 

症状が軽い人でも、11月頃になると症状が落ち着くので気にならなくなりますが、翌年の5月頃になるとまた症状が現れ始めます。

こうして慢性化したカビ肺炎は、肺が硬くなって命の危険にまで及ぶそうです。

 

 

たかがカビと侮ってはいけません。

 

高温多湿の場所の掃除、換気、そしてクーラーの掃除を徹底してカビを放っておかないようにしましょう。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top