車を駐車場でぶつけられた時の対応を間違った!!どうしたら良かったの!?

【SPONSORED LINK】




私はフルタイムで働くアラフォー女性なのですが、先日会社の駐車場にとめていた車がぶつけられたんです。相手はうちの会社に納品に来た10トン車のトラックなのですが、私はこの時の対応色々間違えてしまい、後々大変な事になってしまったのです・・・。(´;ω;`)

なので今回は同じようなことで悩んでいる人のお役に立てればの気持ちを込めて、そして私自身も今後同じような過ちを繰り返さない為の備忘録として、

  • 駐車場で車をぶつけられた時の対応のしかた
  • 当事者同士の示談の際の注意点
  • 対応を間違えまくった私の結末

について書きたいと思います。

【SPONSORED LINK】



車をぶつけられたら一番最初にするべきことって!?

私がとった間違えた行動

私が会社の駐車場で車をぶつけられたのは実は今から10日ほど前の事です。昼間だったんですが、地方からうちの会社に納品にきた10トン車のトラックが、納品を終えて車を出そうとしたときに左に頭を振った際に右後ろのトラックが私の車の左側にぶつかってしまったらしいです。まぁそんな大したこともなく、黒い筋?が何カ所かついていて、へこみなどは特になさそうでした。

すぐさま依頼している運送会社からドライバーさんへ連絡を取ってもらいました。まだ近くにいたドライバーさんはすぐにうちの会社に戻ってきてくれました。

で、ドライバーさんに状況を説明。

と言っても私自身はその時の状況を見たわけではなく社内の人から聞いたのですが、当日うちに入ったトラックはその一台だけだったのを話すとドライバーさんは自分がやってしまったんだとすぐに認めてくれました。大きいトラックなので少し擦った程度だと気付かないみたいですね。「全然気付かなかったです。本当すみません」と項垂れてました。

私はそういう時のドライバーさんって「俺がやった証拠はあるのか!」とか「こんな狭い駐車場でぶつけるなって方が無理があるだろう!」とかなんだかんだで認めてくれないと思っていたので拍子抜けでしたね。すごく良い人だったんですよ。

でも、この「ぶつけた相手が良い人」だった事が、後々大変な事態を招いていくのです・・・

そのドライバーさんは「自分が修理代は払いますので会社には言わないでもらえませんか。クビになっちゃうんでそれだけは避けたいんです」と言うのです。

私はこの時、「大した傷でもないし5万円位で直るだろうし、クビになっちゃったらこの人が可哀想だから大事にしたくないな。」という感情が働き、ドライバーさんの申し出を受けました。そしてドライバーさんが「自分の連絡先を教えますんで見積もり取ったら連絡ください。」と、ドライバーさんの氏名・住所・携帯番号、そして運送会社名と会社の住所と電話番号をメモしてくれました。

この時私はそのメモを信じて疑いもせずに受け取りました。「この人はウソを書くような人じゃない」と確信したのです。(何を根拠に 汗)

で、携帯番号をその場で鳴らして本当にそのドライバーさんの携帯電話に繋がるかも確認せず、免許証を見せてもらう事もせず別れました。心配する同僚に「いやー、良い人で良かったよ~!」なんて嬉々として話す始末。今考えるとただの脳天気のアホ丸出しですね(;´Д`)

まぁ私はこの時の対応を色々間違えてしまっていた事に後で気付くのです・・・。

でもこういう時って一体どう対応するべきだったのでしょうか!?

車をぶつけられた時はこう対応するのが正解だった!!

私が今回の事で調べまくったところ、車をぶつけられたら、たとえ場所が道路でなく駐車場でもどこでも、そしてぶつけられた被害の大小に関わらず、まずは一番最初に警察に連絡するべきなんですって。連絡をするのは義務であり、怠ると3ヶ月以下の懲役や5万円以下の罰金が課せられる事もあるんだそう。これは人が怪我をしたような交通事故じゃなくって今回のような駐車場で起こった小さな物損事故でも同様の義務があるそうです。全然知らなかった・・・(;゚Д゚)

警察が間に入ることでお互い感情的にならずに済むし、事故があったという証明である「事故証明」を発行してもらえます。事故証明がないと事故があったという事を証明出来ないので保険を使う事になった際の請求額にも影響が出るそうです。しかも相手がしらばっくれたら最悪ですからたとえどんな小さな物損事故であっても警察を呼ぶのは鉄則らしいです。

そして警察立ち会いの元相手との連絡先を交換。それからお互いの保険会社に連絡をして過失の割合などの話に進みます。まぁ駐車場にとめていた車にぶつけられた場合は100%相手の過失になることが殆どのようです。

あとはお互いの保険会社に任せて修理してかかった費用を請求するって流れが一般的とのこと。保険会社が取り持ってくれると楽そうだし安心な感じですよね。

もしも自分が保険に入っていない場合は相手の保険会社とのやり取りも自分でしなければなりませんが、警察も立ち会っているのでおかしな事にはならないはずですからそこまで身構えなくても良さそうです。でも現場の写真やぶつけられた箇所などをスマホで撮ったり、保険会社との電話のやり取りを録音しといた方が良いみたいですよ。万が一の為に。

当事者同士で示談にする場合に注意するべきこと

もしも当事者同士で示談にしようと決まった場合でも保険会社を通した方が良いんですって。当事者同士での話し合いだと過失の割合でも揉めるし、言った言わないの「ラチがあかない」って事になりかねませんからね。

ただし今回の私のように駐車場でとまっている状態の車にぶつけられた場合は、こちらの過失が0になり自分の方の保険会社は使えないので自分で相手の保険会社と示談の話を進めなければなりません。

そして示談にする場合でも、相手の

  • 運転免許証番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 車体番号

は控えておきましょう。今は携帯電話は殆どの人が持ってますが、携帯番号にはその場で電話してみて繋がるのを確認しましょうね。私は運転免許も見せてもらわず、携帯番号もメモ用紙に書かれたのを信じてその場でかける事はしなかったんです(´;ω;`)

最初っから対応を間違えた私の結末

私は今回車をぶつけられた対応として、何から何までダメダメだったわけですが、一体どうなったのかお話しますね。

まぁ警察も呼ばず、運転免許証も確認せず、携帯電話も繋がるのか確認せず、とくれば最悪相手がしらばっくれて泣き寝入りって事もあり得ると思いますが、私の場合は相手の人がとても良い人だったんです。

ディーラーで見積もってもらった金額を相手の携帯にかけて伝えたところ(携帯ちゃんと繋がった!)すんなりと振り込んでくれたんですっっ!!主人にも「もっと揉めるかと思ってたよ」と驚かれました(;><)

見積り修理代が22万円と結構な額だったんで、もしかしたら突っぱねられちゃうかもと不安だったんです。そのドライバーさんは自腹で支払うと言っていたので、もしかしたら思った以上に高いから怖じ気づいて逃げてしまうかも・・・・って、実際に振込が確認されるまで心臓バクバクでしたね。

でも結局は憂いに終わりました(*´∀`*)

やっぱり最初に私が相手のドライバーさんに抱いた印象「この人は絶対嘘は言わない!信用できる!」って確信した通りだったんです。私って人を見る目があるんだな~~~。めでたしめでたし♪

・・・と、終わらせたいところですが、今回のハラハラ感は二度と味わいたくないので、もし今後同じような事があったら今度はきちんと対応したいと思います(;´д`)ゞ

まとめ

今回は、

  • 駐車場で車をぶつけられた時の対応のしかた
  • 当事者同士での示談の際の注意点
  • 対応を間違えまくった私の結末

についてお話しました。

まず最初にやるべき事は、程度の大小に関わらず【警察を呼ぶ】これに尽きます。それからは保険会社が間に入ってくれるので安心して進められます。

そして示談にする場合には必ず

  • 運転免許証番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 車体番号

を確認しましょう。

もし同じようなことで悩んでいる人がいたら参考になれば幸いです♪

ちなみにこんな事があっての数日間、結構大変でした。主人には「なんで警察を呼ばなかったんだ!」とお説教され、夜遅くにディーラーで見積もってもらって晩御飯が作れなかったり、ドライバーさんとやり取りしたりハラハラしたり・・・。

でもドライバーさんがとても誠実に対応してくれたので、恨みとか怒りみたいなのは全く湧かなかったです。本当0%でしたね。

やっぱり車の事故と言っても結局は人と人のことなので、感情的にならずに話し合うことが大事なんだな~と思いました。それに良い勉強になったので、1つお利口になったと前向きに考えたいと思います(*´∀`*)

こちらの記事もどうぞ▼

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする