白米が太るは嘘!?むしろダイエットしている人は食べるべきだった!!

【SPONSORED LINK】




毎日暑いですね。薄着になるこの季節は本格的にダイエットを始める人も多いかと思います。かくいう私も日々ダイエットに取り組んでいたりします(;´∀`)

最近では『糖質抜きダイエット』をする人も多いみたいですね。これは白米やパンなどの主食は太るからおかずだけ食べるというダイエット法なのですが、私もそうですが白米好きの人には辛いダイエット法ですよね(;><)

でも実は「白米を食べると太ると言うのは嘘」だという話もあるんです。

私は白米が大好きで毎食しっかりおかわりしているんですが、年齢のせいか(アラフォー)段々痩せにくくなってきています。なのでそろそろ白米を減らしてみようかな~なんて考えていたので、「白米を食べると太ると言うのは嘘」これが本当だったら嬉しすぎます(´∀`*)

今回は白米とダイエットの関係について色々調べてみました!(`・ω・´)ゞ

【SPONSORED LINK】



白米を食べると太ると言われる理由

まず白米を食べると太ると言われている理由から調べてみました。

白米による血糖値の上昇が脂肪をため込む!?

白米を食べると血糖値が上昇するのですが、この上昇した血糖値を正常値に下げる働きをするのがインスリンと呼ばれるホルモンになります。そしてこのインスリンは血糖値を下げる働きの他に、血管中のブドウ糖を使って脂肪が合成される手助けをしたり、脂肪を蓄える働きがあるんです。

それで

『白米を食べる=インスリンが分泌されて脂肪が蓄えられる=白米は太る』

と認識されてしまっているようです。

確かに胃が空っぽの状態で白米を食べると一気に血糖値が上昇してしまい、インスリンの働きが追いつかずに血管中のブドウ糖が余ってしまい、その余ったブドウ糖が脂肪として蓄えられてしまうので、白米を食べると太ると認識してしまうのも分からなくもないです。

ではどうすれば良いのか?それもちゃんと調べましたよ♪

白米を食べる順番で血糖値の上昇が緩やかに!!

真っ白な炊きたての白米があると、私たち日本人はついつい一番初めに口に運びがちですよね。でも

  1. 野菜などの副菜(食物繊維)
  2. 大豆・肉・魚などの主菜(タンパク質)
  3. 白米(糖質)

の順番で食べるようにすると、血糖値の上昇が緩やかになって太りにくい体になるんです。
※白米を合間に入れて交互に食べるのではなく、副菜を全て食べてから主菜を全て食べ、最後に白米を食べます。

生活習慣病や糖尿病なども血糖値の上昇を緩やかにする事でリスクを減らせるので、普段白米から食べている人はぜひ上記の順番にしてみましょう♪

玄米や雑穀米を取り入れてみるのも良し

白米よりも玄米や雑穀米の方が糖質が低く、血糖値の上昇を抑えられるそうです。

難しい話になりますがGI値という、『食品が体内で糖に変わり血糖値が上がる速度』を指したものがあるのですが、このGI値が白米が88なのに対し、玄米だとなんと55とかなり低くなります。糖尿病の方はGI値を低くする為に白米よりも玄米や雑穀米を食べている人も多いそうですよ。

ちなみに我が家も最近雑穀米を食べていますが、オススメは全て無農薬で国産の有機栽培でJAS認証も受けている“有機もっちり11雑穀”です♪

白米を食べると摂取カロリーが大幅にアップする!?

また、単純に「白米を食べることで摂取カロリーが増えてしまう」事が挙げられます。ただしこれは白米を食べ過ぎた場合のこと。標準的なお茶碗一杯の白米なら250キロカロリー程度です。

白米は私達日本人にはとても身近な食べ物でもあるので、どんぶり物として食卓に上がることも多いですよね。カレーライス、牛丼、親子丼、天丼、釜飯などなど白米ありきの料理が沢山あります。

最近ではファストフード感覚で色んなどんぶり物が食べられますが、こうした今の食文化だとどうしても白米の摂取量がオーバー気味になってしまうんです。普通のご飯茶碗よりもどんぶり物の方がどうしたって白米の量は多いですからね。

でも先ほども書きましたがご飯茶碗一杯分の白米なら250キロカロリー程度。食べ過ぎない限りはあまり気にしなくて良いんです。あとは一緒に食べるおかずに気をつければ全く問題ありません!

これもどうすれば良いのか、しっかりと調べましたよ♪

白米と一緒に食べるおかずに気をつければ大丈夫!!

白米を食べる時には必ずおかずをバランス良く食べましょう。そうする事で白米の糖質が効率よくエネルギーに変わります。特に豚肉などに含まれるビタミンB2は脂質の代謝を活発にするので積極的に摂りたい栄養素です。

他にも野菜や果物などのビタミン、ミネラル。そして漬物やキムチなど発酵食品の乳酸菌、酵素。大豆や肉、魚などのたんぱく質をも一緒に摂る事で代謝が活発になり太りにくくなるんです。白米におかずを足す事で摂取カロリーが増えてしまうではないかと思うかも知れませんがおかずの種類が多いと栄養素が増えて糖質や脂質、タンパク質がバランス良く代謝するんですね。

そうは言ってもあまり難しく考える必要はありません。朝の忙しい時などは、白米と具だくさんの温かい味噌汁だけでも大分栄養バランスは取れますよ(*´ω`*)

むしろダイエットしている人は白米を食べるべき!?

ここまでで「白米を食べると太ると言うのは嘘」というのがあながち間違っていない事が分かりましたね。

むしろダイエットしている人は『しっかりと脂肪を燃やす体質を作るために白米を積極的に食べるべき』と言われているんですよ。

白米を抜くと体の水分が減るので確かに体重が減るのですが、その反面で体の代謝が衰えてしまいます。なので一時的にはダイエットに成功したように見えても実は痩せにくい体質になってしまうんです。そして普通に白米を食べるようになった時にはしっかりリバウンドしてしまいます。恐いですね(;><)

白米には健康と美容に良い栄養素が沢山!!

ダイエットしている人でもそうでない人でも、主食に白米を食べる事で健康と美容に良い効果をもたらしてくれるんです。白米の栄養分と言ったら炭水化物を思い浮かべますが、実は白米には下記の栄養成分も含まれているんです。

タンパク質

肌や髪の毛など、人間の体を作り出すのに必要不可欠な成分です。タンパク質が不足すると見た目にも老けてしまいます。

カルシウム

骨や歯を作る為に必要不可欠な成分です。骨粗しょう症の予防のためにも積極的に摂りましょう。

鉄分

ヘモグロビンを作る為に必要不可欠な成分です。特に女性は鉄分不足の人が増えてきているのでしっかりと摂りましょう。

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変える手助けをする成分です。脳に栄養を届ける役割もあり体の調子を整えます。

ビタミンB2

肌の新陳代謝を活発にする手助けをしてくれます。ビタミンB2が不足すると吹き出物や口内炎が出来たりします。

ビタミンE

抗酸化作用があるのでアンチエイジングに欠かせません。血管を健康に保ち血液の流れを良くしてくれます。

亜鉛

ホルモンのバランスを整えます。細胞の活性化や免疫機能の正常化の手助けをしてくれます。

マグネシウム

ミネラルの仲間でカルシウムの吸収の手助けをします。

白米にこんなに栄養成分があったなんて驚きですよね?海外からも日本の食事は評価されていますが、やはりその土台となる主食の王様ですね(*´ω`*)

まとめ

今回調べてみて分かったことは

  • 白米が太ると言われるのは食べ方や順番に問題があるから
  • ダイエットしている人が白米を抜くと痩せにくい体質になってしまう
  • 白米には沢山の栄養成分があるので積極的に食べた方が良い

と言う事でした。白米が太るという話は考えようによっては決して嘘ではないんだけど、結局痩せても一時的なものになってしまい、かえって体に悪いのでぜひダイエットしている人でもそうでない人もしっかりと白米を食べるようにしましょうね♪

こちらの記事もどうぞ▼

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする