歯磨きのタイミングは食後何分くらい?方法はこれで合ってる?

【SPONSORED LINK】




歯磨きのタイミングって皆さんどうしてますか?

私は食べた後はすぐに歯磨きしないと落ち着かないタイプなんですが、何年か前に「食べた後は歯のエナメル質が柔らかくなっているのですぐに歯磨きしちゃダメ」という情報が流れ、それから歯磨きのタイミングに悩むようになりました。

で、悩みつつも結局食後すぐに歯磨きしちゃってる日々が続いたんですが、ここいらでちょっと

・歯磨きのタイミングは食後すぐ?時間をおいて?
・正しい歯磨きの方法

についてしっかりと調べてみましたのでご紹介します!(`・ω・´)ゞ

【SPONSORED LINK】



歯磨きのタイミングは食後すぐ?時間をおいて?

結論から言うと、歯磨きのタイミイミングは食後すぐが良いそうです。ですが「食後すぐの歯磨きはダメ」という情報も決して間違ったことではないのでその辺りの事も簡単に説明しますね。

まず、食後すぐの口の中の環境は食べたものの酸・糖分などで酸性に傾き、歯のエナメル質が溶けて柔らかくなっているんです。その状態で歯ブラシで歯の表面を擦ると細かくキズが付いてしまいます。そしてそのキズに細菌が付着しやすくなり虫歯のリスクを高めるので、食後30分以上経ってから歯磨きをしましょうということなんです。

ただ、これは実は酸蝕症(酸によって歯が溶けやすい状態になっている)の人を対象とした実験で得られた結果なんですって。だから食後すぐの歯磨きが危険だとメディアが報じている事に不安を感じた日本小児歯科学会が2012年に「歯磨きは食後すぐにしましょう」と注意を促したんです。

歯磨きのタイミングは食後すぐが良い理由!!

食後に口の中が酸性に傾くのは前述しましたね。でもそのまま歯磨きしないでいると細菌が糖を分解して酸が沢山作り出されてしまい脱灰(歯が溶ける)へと進んでしまうんです。その為、食後すぐに歯磨きをして歯垢と細菌を減らすことが最も重要であると日本小児歯科学会は発表しているんです。

口内の環境を酸性からアルカリ性に戻す時間が早いほど虫歯のリスクが減るというのは、もはや歯科医の間では常識らしいです。

結論としては、食後すぐのタイミングで歯磨きするのが正しいと言うことでした。
※但し酸蝕症と診断されている方は歯科医と相談されるのが良いでしょう

今更聞けない歯磨きの正しい方法あれこれ!

さて、他にも色々ありますよ~、歯磨きの正しい方法。知ってるつもりで意外と知らない事もあるかも知れません。それでは行ってみましょ~!(・∀・)

朝起きた時の歯磨きのタイミングは!?

朝起きたときって口の中がネバネバしていませんか?あれって寝ている間に口の中の細菌が増える事が原因なんですが、どうせ朝食を食べた後に歯磨きするからって放置してませんか?実はそれって危険なんです!!

そのまま食事をすると口の中にいる細菌が食べ物のカスを餌にしてどんどん口内を酸性にしていくのです。逆に口内の細菌を出来るだけ取り除いた状態で食事をすると酸が増えにくいので、歯磨きは食前にすれば良いと言う歯科医もいるくらいなんですよ。

でもやっぱり食事をした後って歯磨きしないと気持ち悪いですよね?だけど朝食前と朝食後で二回歯磨きするのは少し大変です。なのでまず朝起きたらうがいをしましょう。うがいをするだけでも口の中の細菌は結構洗い流せるそうです。そうして口の中をサッパリさせてから朝食を美味しくいただきましょう♪

おやつの後も最低限うがいはしよう

お子さんがいるご家庭ではおやつの時間があると思います。保育園でも10時と3時におやつタイムがあるところが殆どですよね。でもおやつの後にも歯磨きをするのは結構大変。休日などの外出時も歯ブラシセットを持ち歩いて歯磨き場所を確保するのはなかなか難しいですし、何より磨き過ぎると子供の歯は傷つきやすくなる事もあるので・・・。

そういう時にはお茶を飲んだりお水ですすぎましょう。これだけでも口の中が綺麗になってアルカリ性に戻りやすくなるんです。

歯ブラシを最初に水で濡らすのはダメ

歯ブラシを使う前に水で濡らしちゃう人結構いるんじゃないですか?実は私もなんですが、歯ブラシを使う前ってなんとなく気になって水で洗い流してから使ってたんです。でもこれって実はNGなんです。

歯ブラシを水で濡らすと、歯磨き粉の成分が水に流れてしまうだけでなく、すぐに口の中が泡立ってしまうので口をすぐすすぎたくなり、結果としてちゃんと汚れが落ちてない状態で歯磨きを終わらせてしまうんです。だけどしっかり泡だった事でちゃんと磨いた気になってしまうんですね。

歯磨き後に口の中をすすぎ過ぎるのはダメ

歯磨きの後に沢山の水を口に含んでしっかりと何度もすすいでいませんか?その方が気持ちいいですもんね。だけどこれもNGなんです。何度も口の中をすすぐと、せっかく歯磨きで行き渡ったフッ素まで荒い流してしまうんです。

歯磨き後は口の中に一口分の水を含んで10秒ほどクチュクチュすれば十分なんです。

歯磨きの前にデンタルフロスをしよう

虫歯って歯と歯の間に残った歯垢が原因になる事が殆どなんです。だから本当は歯ブラシだけでは不十分なのでデンタルフロスをするべきなんですって。日本ではあまりデンタルフロスを使う習慣がないんですが、海外ではデンタルフロスを使うのはもはや常識なんだそう。

そしてデンタルフロスは必ず歯磨きの前にするべきと言われています。デンタルフロスを歯ブラシの後にすると歯磨きの際にせっかくフッ素の成分が行き渡ったのが取れてしまうんですね。なので歯磨きの前にデンタルフロスをしましょう。

歯磨き粉はつけるなら少量で

歯磨き粉は実はつけてもつけなくても良いんですって。結局のところ歯垢を落とすのは丁寧なブラッシングなので。

まぁそうは言っても歯磨き粉の爽快感がないと物足りないという気持ちもありますよね。ですがもし歯磨き粉をつける場合は1センチ以内の少量にするのが良いそうですよ。つけすぎると研磨剤の成分なでも多くなり歯が傷つきやすくなりますし、口の中が泡だらけになってしまいすぐ口をすすぎたくなり十分なブラッシングを妨げる原因になってしまうんだとか。

歯ブラシは鉛筆持ちで優しくブラッシングが基本

エンピツを持つように歯ブラシを持つことで磨く力が適度な優しさに保てるそうです。ブラッシングの力が強いとエナメル質を削ってしまい歯の表面が着色しやすくなったり知覚過敏になったりしてしまうんです。

歯磨きにかける時間は3分じゃ短い!?

「歯磨きは3分間」って暗黙のルールみたくなってるけど、実は歯科医での歯磨き指導では15分ほど時間をかけて丁寧にブラッシングするんです。軽い力で細かく振動させてブラッシングする事で歯垢がきちんと落とせるようです。

歯ブラシ選びも慎重に

ギザギザの毛先の歯ブラシを良く見かけますが、実は毛先は均等なものの方が効果的に汚れが落とせるそうですよ。そして理想の硬さは<ふつう>がオススメ。歯茎が炎症を起こしている方は<やわらかめ>でも良いそうです。持つ部分はカーブしている物より真っ直ぐの物の方が奥歯の方まで届きやすいです。

歯科医がオススメしているのは実は子供用歯ブラシで、ナイロン製で毛先が3列で均等でヘッドが小さめで細かい部分まで磨けるタフト24という歯ブラシが特に人気だそうです。タフト24は良い歯ブラシの条件を全て満たしているそうで、歯科医で使われている定番歯ブラシなんだとか。

そして歯ブラシの交換は1ヶ月に1度を目安にしましょう。毛先が開いていると歯垢を効果的に落とせなくなりますのでせっかく丁寧にブラッシングしても効果が半減してしまいます。

まとめ

今回のポイントを簡単にまとめると

  • 歯磨きのタイミングは食後すぐ
  • おやつの後もお茶やお水で口の中を綺麗にする
  • 歯ブラシは水で濡らさず歯磨き粉は少量。そしてうがいも一回だけ
  • デンタルフロスを歯磨きの前にしよう
  • 歯ブラシは良い物を使って優しい力で時間をかけて

となります。

歯ブラシのタイミングもそうだけど、結構知らなかった事もあったんじゃないでしょうか?

長い人生お付き合いする歯なので、歯磨きの正しいタイミングと方法をぜひ覚えておきましょう~♪

こちらの記事もどうぞ

歯磨き粉は研磨剤なしを使っても茶渋は取れるの!?

歯槽膿漏の症状!?口臭が気になって会話するのが怖い!!

歯石の除去を超音波でやるメリット・デメリットは!?

虫歯予防にフッ素も大事だけどデンタルフロスをぜひ使って!

やまちやの『ころころ歯ブラシ』が使い心地良すぎてやばい!

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする