寝不足の吐き気はコーヒのせいかも!?

スポンサーリンク



dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

寝不足だと眠いだけじゃなく頭が痛くなったり吐き気がしたりしませんか?
私は寝不足が続いた時期があったんですが、頭も重くて痛くなるし吐き気があったりして会社に行くのが憂鬱でしたね。

そんな寝不足気味の時には熱いコーヒーを飲んでスカッと目を覚ましたいって思いますよね。
“モーニングコーヒー”なんて言葉もあるように、目覚めのマストアイテムとしてお馴染みのコーヒー。

でも実は寝不足の特効薬的に飲まれていたコーヒーによって吐き気を催していたとしたら、どうしますか?

スポンサーリンク



寝不足の時にコーヒーが飲まれるのはどうして!?

寝不足の時にコーヒーが飲まれるのはどうしてなんでしょう。
それは、やはりコーヒーに含まれるカフェインにあります。

カフェインの効果

カフェインの作用は

・覚醒作用
・解熱鎮痛作用
・利尿作用
・胃液の分泌を増やす

などが挙げられ、眠気・頭痛・だるさなどに効果があるとされています。食後に飲むと消化を促してくれる事でも知られています。

カフェインは眠気を促す『アデノシン』という神経伝達物質に似ているんですが、このアデノシンを受け入れるタンパク質に、アデノシンの代わりにカフェインがくっつく事で、アデノシンの発する眠気伝達作用を邪魔するんです。

この事から分かるように、寝不足の時にコーヒーを飲むことは眠気覚ましとして正解なんですね。

ただしカフェインの摂取は適量で抑えないと逆効果になってしまうんです。
カフェインを過剰摂取すると耐性が出来てしまい、覚醒作用などが薄れてしまうだけでなく、副作用もある為、妊娠中や服薬中の人などは特に注意が必要と言われています。

カフェインの副作用

カフェインには副作用として

・めまい
・不眠
・瞳孔拡大
・不整脈

が挙げられているので、コーヒーや緑茶(特に玉露)やコーラなどのカフェイン含有量が多い飲み物は適量に抑えるよう注意が必要ですね。

寝不足の時の吐き気の原因はコーヒー!?

さて、カフェインの取りすぎは良くないと分かっても、寝不足の時にはどうしても眠気をどうにかしたいって気持ちからコーヒーを飲みたくなりますね。でも実は寝不足の時にこそコーヒーを飲むのは注意しないといけないんです。

寝不足だと体の機能や免疫力が低下していて、当然ながら胃の働きも弱っています。
そんな時に眠気覚ましの為にコーヒーを飲んだりすると、副作用が出やすくなってしまいます。

でもそれだけではないんです!!

カフェインの効果で“胃液の分泌を増やす”というものがありましたね。

寝不足で弱った胃にカフェインの含有が多いコーヒーを飲んだりすると、カフェインによって増大された胃液によって胃の粘膜が刺激を受けてしまいます。これが吐き気を催す原因になっているんです。

寝不足の時のコーヒーは何杯までならOK?

では寝不足の時にはコーヒーは何杯までなら飲んでも大丈夫なのか気になりますよね。

これは個人差があるんですが、一般的には体調の良い時は一日3~4杯までのコーヒーならむしろ体に良いとされています。でも寝不足の時の胃腸が弱っている時には一日1杯で止めておいた方が良いかと思います。(明確な根拠はどこにも記載がなかったのであくまでも個人的見解なのですが)

あと大切なのは夕方5時以降は飲まないこと!カフェインの効能が薄まるまでに4~6時間程かかると言われているので、あまり遅くに飲むと眠らなきゃいけない時間に眠れなくてまた寝不足になってしまいますので。

そしてコーヒー以外にも胃の働きが弱っている時に

・アルコール類
・炭酸飲料
・辛い食べ物

など、胃に刺激を与える物の摂取はなるべく控えるようにしましょう。

まとめ

今まで当たり前のように飲んでいたコーヒーですが、コーヒーに含まれるカフェインによって寝不足の時に飲むと吐き気を催してしまう事があるので、自分の体調と相談しながら飲む量を調節するようにしたいですね!

こちらの記事もどうぞ▼

寝不足の頭痛にロキソニンって効くの?

オリンピックで寝不足!リオでこれなら東京はどうなっちゃうの!?

眠れない時に寝る!!5つの方法!!

早起きできない!コツってあるの?簡単に試せる方法は!?

お風呂で寝る=失神!?死と隣り合わせで超危険って知ってた!?

睡眠不足が続くと病気になるって、一体どんな!?

満腹になると眠くなるけど原因って一体何なの!?

睡眠時の体温のホント! 寝ている時は体温が下がっている!?

不眠症で眠れない!薬に頼ってでも寝た方が良いの!?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする