ブルーライトカットメガネの効果について色々言われてるけど私はかける!!

【SPONSORED LINK】




d226df27dbc84a66fc02ba2ed9695717_s

ブルーライトカットメガネって最近良く見かけますよね。
大手のメガネ屋さんがこぞって出したり、アニメとコラボしてたりと色んなブルーライトカットメガネが出ているんです!

でもちょっと待って!今はパソコンやスマホの普及率が本当に高いのでブルーライトカットメガネが出回るのも至極当然の事なんですが、本当に効果があるんでしょうか!?

ここではブルーライトカットメガネの効果について色々調べてみました!

【SPONSORED LINK】



ブルーライトカットメガネが必要なのは何故?

ブルーライトとは

そもそもブルーライトとは何なんでしょう?
皆さん知っているようで知らないかもしれないので簡単に説明しますね。

ブルーライトとは、パソコンやスマホなどの液晶ディスプレイ画面から出ている青白い光の事です。
ブルーライトは可視光線の中でもとてもエネルギーが大きく、波長が短いのが特徴です。

この光により眼精疲労だけではなく精神的な疲労も引き起こす原因と言われています。

ただ、あまり知られていないんですが、実は太陽の光にもブルーライトと同じ光が含まれているんです。
と言うよりも太陽の光は何とブルーライトの実に10倍~もしくはそれ以上のブルーライトが含まれているんです!

ブルーライトが体に与える悪影響とは

太陽の光は日中しか浴びませんが、パソコンやスマホって夜にもいじりますよね。太陽の光よりもたくさんのブルーライトを夜間に浴びるんですから体内時計の乱れを引き起こして眠れなくなるなどの悪影響を起こすと言われているんです。私は夜寝る前にスマホをついついいじってしまいますが、長時間いじると本当に寝付きが悪くなりますがこういう事だったんですね。納得です。

厚生労働省も“1時間液晶ディスプレイを見たら15分の休憩を取る”事を勧めています。体への影響はやはり無視できませんよね。

ブルーライトは「何となく目に悪影響を及ぼしそう」と思われがちですが、実は目だけではなく他にも色々悪影響があると言われています。

医学的に確定的な根拠が出されているわけではないのですが、ブルーライトに含まれる成分から考えられる悪影響として以下の事が挙げられています。

エネルギーの強い光を長時間浴びる事で目の痛み疲れといったダメージを眼球が直接受けます。
他にも、体内には眠気を誘う『メラトニン』というホルモンが分泌されているんですが、ブルーライトを長時間浴びる事によってこのホルモンの分泌が減少してしまいます。
そうすると体内時計が狂ってしまい、よく眠れなくなってしまったり、太ってしまったり、鬱病になってしまったり、ガンに罹りやすくなってしまうそうです(!)
これは怖いですね・・・。

質の良い睡眠は薬にも勝るって言いますからね。

ブルーライトカットメガネって効果があるの?

それではブルーライトカットメガネは効果があるんでしょうか?ブルーライトカットメガネをかけると、このような悪影響から身を守れるのでしょうか?

答えは「NO」であり「YES」でもあります。

何故かと言うと、そもそもブルーライトが悪影響があると言うのも医学的に確定的な根拠が出されているわけではないので、そのブルーライトをカットするメガネと言うのも効果があると言う医学的根拠は確立されていないんです。

ただ、実際ブルーライトカットメガネをかける事により、ブルーライトを数10%~高くても50%程度カット出来るそうです。

そもそも太陽の光を一年中浴びている私たちですから、パソコンやスマホを使う時にブルーライトカットメガネをかけた程度では一日に浴びるブルーライトのほんの僅かしかカットしないでしょう。

でも最近の情報では、あのオシャレで実用的なメガネ屋の代表である『JINS』は、なんとブルーライトカット率を60%まで高めたメガネを作ったそうです!試着も出来るらしいですから、一度試してみるのも良いかも知れませんね。

>>>【JINS SCREEN NIGHT USE】ブルーライトの波長を60%カット!!-JINS

ブルーライトカットメガネをかける事により、ブルーライトが眼球に与えるダメージを多少なりとも和らげる事が出来るし、目は疲れにくくなったと実感する人が多数です。
でも本当に日常のブルーライトをカットしたいと考えると、パソコンやスマホを使う時だけでなく、外に出る時にも対処しないとなりませんね。

そしてブルーライトカットメガネを選ぶ時もきちんと選ばないと効果が薄れてしまうんです。

ブルーライトカットメガネの選び方

ブルーライトカットメガネには光を吸収するタイプと光を反射するタイプの二種類があります。
どちらのメガネでも実際にブルーライトをカットしたら、視界が黄色みを帯びます。

ただ、視界が黄色みを帯びないメガネはブルーライトをカットする効果が薄いので注意が必要です。買うときには実際に試してみると良いでしょう。

まとめ

今はパソコンやスマホと切っても切れない生活ですよね。私もそうですが、やはり医学的に効果があると実証されているわけではないとしても、多少なりともブルーライトを軽減できるのであればブルーライトカットメガネを使用する方が良いと個人的には思います。ただ、選ぶ際にはカット率が高いもの、ブルーライトを浴びると視界が黄色みを帯びるものを選びましょうね♪

こちらの記事もどうぞ▼

スマホで視力が低下するのはどうすれば防げる!?

視力回復に簡単に出来るトレーニング方法をご紹介♪

スマホ脳って何!?どんな症状!?どう使うのが良いの!?

「老眼」と「近視」の違いを簡単に紹介します!

眼病は予防が一番!視力が弱くなったら眼病を疑って!

カラーコンタクトを付けるなら絶対眼科を受診してから!

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする