ファインディングドリーが楽しみ!声優はやっぱりあの人!?

【SPONSORED LINK】




ad9dbf2149b32ef90ec6e26bc9853c39_s

2016年の7月16日に、ディズニーピクサー映画“ファインディングニモ”の続編とも言える“ファインディングドリー”が公開されます!!
今度の主役はなんと!前作に出てきたドリーが主役です。って、タイトル見れば分かるか(汗)

ドリーは本当にナイスなキャラでしたよね!日本語版吹き替えを担当した室井滋さんが本当に上手で上手で。ドリーのキャラクターがとても活きていましたね^^

“ファインディングニモ”は、海が舞台で様々な海の生物のキャラが出てくるアニメで、海の中の生活を垣間見れてストーリーは勿論の事、風景など見るだけでも感動ものです。

この時はカクレクマノミのマーリンと息子のニモが主役でした。
人間に捕まってしまったニモを助けに、父親のマーリンが大海原を冒険してニモを救うという物語。
父性愛がテーマで、開始10分で涙腺崩壊しちゃうほど感動的なストーリーなんです!!そしてマーリンと一緒に二モを探すのを手伝うのが、今作の主人公になるドリーなんです。ドリーはとても人懐こいけど物忘れが激しいナンヨウハギ。

前作も大大ヒットでしたが、今作もやっぱり話題になっていますね!
ここでは、今分かっている“ファインディングドリー”のあらすじや声優さん情報をご紹介します♪

【SPONSORED LINK】



「ファインディングドリー」どんなあらすじ?

前作では、無事にマーリンとニモは再開する事ができ、ドリーもサメの友達が出来たりして、ワイワイと楽しく過ごしているというハッピーエンドでした。

“ファインディングドリー”のあらすじ

さて、今作は前作の半年後のお話。ドリーはマーリンとニモのお隣に住んでいるようです。仲良しさんでお隣さん、素敵☆

ある日、ニモの遠足へついていったドリー。
そこで、マンタの群れがおウチに帰るのを見たら、何か急に寂しくなってしまったドリー。いわゆるホームシックのようです。何か分からないけど思い出せない事があるような気がしてたまらないドリー。相変わらず忘れん坊さんなんですね^^;
そんなドリーが自分の家族の思い出を探す旅に出るというストーリー。そして今作での舞台はカルフォルニア。
ドリーのはちゃめちゃなキャラや喋り方は健在みたいで一安心です。

新キャラも沢山出てくるよ!

そして、ドリーと共に旅するのが新しいキャラ!
タコのハンク、シロイルカのバイレー、ジンベイザメのデスティニーです。
この仲間たちと、珍道中を繰り広げて自分の家族を探しに行くドリー。

気になるドリーの両親も初登場するとか!!無事会えるのかな?そうなら嬉しいです^^
前作とは違うストーリーでも、ピクサーらしい映像美と感動ストーリーなのは間違いないはずです!!

「ファインディングドリー」声優キャストは!?

前作でも、豪華声優陣が話題になりましたよね。アニメは、声優がかなり重要です!!

今作でも嬉しい事に日本語吹き替えの声優さんは前作と同じで、マーリン役を木梨憲武さん、ドリー役を室井滋さんが演じます!

良かったぁぁぁ!!!!と思った人は私だけじゃないと思います!ドリーの独特のセリフやキャラは、室井滋さんしかあり得ないですもんね!
マーリンの声も木梨憲武さんがぴったりだったので良かった。子煩悩なお父さんは木梨さんのイメージそのまんまですもんね^^

木梨さんは、今回も声優を務めるにあたり、同じピクサー映画に出演した奥さんの安田成美さんに負けないように頑張りたいと言っています。

個人的には、また室井さんのクジラ語がきけるかな??と楽しみにしています(笑)

今年は、“アーロンと少年”も公開されて、ピクサー映画が盛り上がりを見せている年ですね!
前作の“ファインディングニモ”から13年もの時を経ても尚色褪せないのがピクサー映画!
夏休みに合わせた公開できっと劇場は大盛り上がりになるんじゃないでしょうか!我が家も家族皆で観に行く予定です♪

前作の「ファインディングニモ」をまだ観てない人は、ぜひ今の内に観ておくのをおススメします(^^)

>>>ファインディング・ニモ MovieNEX ブルーレイ&DVDセットの詳細はこちら

こちらの記事もどうぞ▼

ピクサーアニメが超好きな私が勝手にランキングつけてみた!!

え!!ベイマックスのヒロの声優さんって○歳なの!?続編も演じる!?

2017年に公開決定! トイストーリー4 のあらすじは!?

ジョン・ラセターがトイ・ストーリー4で監督!トトロを出すか!?

アナ雪に続編登場!気になる内容は!?オラフは出るの!?

【アナ派?エルサ派?】アナと雪の女王観てきました!

日本の長寿アニメランキングベスト10

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする