【詳しく知りたい】情報館

生活している中でのちょっとした疑問や不安。詳しく知りたいから調べちゃいました!

お茶でうがいって本当に効果があるの!?

ハーブティー

お茶でうがいをする事は、普通のお水でうがいをするよりも実に様々な効果を期待することができるのはご存知でしょうか。

お茶でうがいする事でカテキンによる殺菌作用・効果が見込めるのですが、このカテキンの量は発酵したお茶ほど多く含まれています。そのため、カテキンの含有量は緑茶よりも烏龍茶、烏龍茶よりも紅茶の方が多くなっています。

なので菌を撃退する目的でお茶を使いたい場合には、紅茶がベストなんです。

 

今回は紅茶や緑茶でうがいする事で得られる効果について詳しくご紹介していきます♪

 

 

スポンサーリンク



紅茶は攻守すぐれたお茶だった!!

カテキンの含有量に優れている紅茶ですが、実は紅茶には殺菌作用以外の効果を期待することもできるのです。

抗菌作用を発揮するテアフラビンと呼ばれる成分が紅茶には入っており、菌をやっつけるだけでなく、これから進入してこようとする菌をブロックすることにも役立つのです。

 

攻守に優れている紅茶ですが、一口に紅茶といってもさまざまな種類があります。

 

テアフラビンの含有量も種類によりけりですが、一般的によく知られているダージリンにはあまり含まれていません。

含有量に優れているのはアッサムですので、抗菌作用を得たい人はこの種類の紅茶を選択すると良いでしょう。

 

緑茶には効果がない?

たしかにカテキンの量では烏龍茶や紅茶に敵いませんが、緑茶にはビタミンCが多く含まれていて、この成分には荒れた粘膜の修復作用を期待することができます。

粘膜が荒れてしまうとノドの違和感や痛みの症状が引き起こされますので、そんなトラブルを解決するためにお茶でうがいをしたい場合には、紅茶ではなく緑茶を選択しても良いでしょう。

 

口臭対策効果としてもお茶でうがいするのは効果的

菌に対して作用するお茶ですが、お茶に含まれているカテキン類、フラボノイド類のポリフェノールには消臭作用があります。

お茶でうがいをすることによって風邪を早く治すようにしたり、インフルエンザウイルスの増殖を防止したり、ノドの調子を良くしたりするだけでなく、口臭の原因となる口内の雑菌を除いてくれて、不快なニオイを防いでくれるので、食事のあとにお茶でうがいをすれば、良い口臭予防になるでしょう。

なお、飲んだほうがいいのではないかと思う人もいるでしょうが、お茶にはカフェインが含まれているので、少量であれば影響は少ないですが、カフェインには唾液の分泌を抑制する作用があり、過度に摂取すると口臭の原因となる口内の乾きを招いてしまう為口臭予防としては逆効果となってしまいます。

そのため、お茶を飲むよりうがいするほうが口臭対策としては良いのです。

 

虫歯対策にもお茶でうがいがおすすめ

カテキンが菌に強いことは既に述べたとおりですが、虫歯の原因になる菌にも作用します。

ミュータンス菌がお茶でうがいする事で増えにくくなり、プラークが形成されることの防止にもなります。そのため、虫歯を未然に防ぎたい人にもお茶でうがいは良いのです。

 

いかがでしたか?一口にお茶と言っても色々種類はありますが、常に私たちの身近にあるものですから、日々上手に使って、体に嬉しい効果を沢山取り入れてみませんか。

 

こちらの記事もどうぞ▼

カモミールティーはノンカフェインの万能薬だけど妊婦さんは注意!

インフルエンザ ワクチンは防腐剤なしも選べるの!?

栄養ドリンクと薬を併用すると何が起こる!?

鳥インフルエンザは人へ感染するの?症状は?

アロマ加湿器の嬉しい効果で風邪予防!今人気のモデルは!?

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top