満腹になると眠くなるけど原因って一体何なの!?

スポンサーリンク



めたぼ

みなさんこんにちは! 

2月も半ばになりだいぶ暖かくなってきましたね(^^)

暖かくなってくると自然にウトウトきますよね(笑) 

暖かい気候の中ゆっくりご飯を食べてお昼寝をして、、、。 

そんな生活に心底憧れます!!( ;∀;)<現実とはかけ離れています!

そういえば暖かいだけではなく、ご飯を食べてお腹いっぱいになっても眠くなりますよね!

あれって何故だか知っていますか? 

何となく分かるけど、きちんとは知らない人も多いかもしれないので、今回私が調べた事をお話しいたしますね☆

満腹で眠くなる原因

私たちの身体というのは、本当に複雑かつ機能的に出来ていて驚かされます。

その中の一つに、血液の分布を変更させることができるという機能があります。

普段は全身にまんべんなく血液が流れているのですが、例えば運動したりすると、筋肉に血液が多く流れるようになるんです。

これは筋肉を動かす為のエネルギーの供給と老廃物の素早い回収が主な目的なんですが、これと同じように、食事をとると胃の中に食事がたまり消化が始まります。

この消化活動には消化液を分泌したり食べ物を十二指腸へ運んだりとエネルギーが必要になります。その為効率的にエネルギーの供給と老廃物の回収をする必要があるので血液の分布を変更し、胃に血液を多めに集めます。

胃に食べ物があるときに運動するとダメというのは、この胃に集中させる血液が運動により筋肉へと散らばって消化不良を起こしてしまうからなんです。

少しずつ胃袋に食べ物を入れている時点では何の問題もありません。でも、ここからさらにお腹に食べ物を入れていこうとするとさらに血液を胃へと集中させなければなりません。

そうなると周りの血液が少なくなり、自然と脳に回る血液も少なくなります。これこそが眠気の原因だったんです。

そう、満腹になると眠くなるのは胃の消化活動の為に脳に回る血液が少なくなる事が原因だったんです。

眠気を予防するには

友人でテスト前の食事を抜く人がいました。「お腹いっぱいになったら眠たくなってしまうからテスト前だけ気を付けてるんだ。」とよく言っていたものです。

しかし、肝心の脳のエネルギーになるのはブドウ糖であり、それは炭水化物をとっていないと供給されません。つまり、それが欠けると脳の働きが鈍るのです。

だから勉強など、脳を働かせたい時に食事を抜くのは、眠気は予防できるかも知れませんが頭の働きが鈍ってしまうので本末転倒になってしまうんですね。

友よ・・・。この知識をあの日の君に届けたい・・・。

会社での午後が恐ろしい人たちへ

会社員の私はお昼休みの後の仕事が辛くって溜まりません。そう、眠たくって眠たくって・・・。

しょっちゅう社長の目を盗んでは「ふぁぁぁぁ~~!」とあくびしちゃってます(><)

普通の仕事でも眠気があると辛いのに、重大なプレゼンや会議があったらかなり辛いですよね;;

これらを乗り切るためにはどうしたらいいのか。

それはやっぱり腹八分目を心がけるしかないんですね。

腹八分目にする事により胃へと過剰に血液を回さずに済みます。その結果脳の血液も保たれるので眠くなりにくくなります。

また腹八分目は健康にもダイエットにも良いので一石二鳥も三鳥にもなりますね。

まとめ

今回は満腹になるとなぜ眠くなるのか、その対処についてお話しいたしました(^^)

私は結構満腹になるまで食べてしまうタイプなので、会社の昼休み後は辛いんですが、これからは腹八分目を心掛けようと思います( ;∀;)

こちらの記事もどうぞ▼

胃もたれ解消に炭酸水が効くってホント!?

酵素ダイエットのやり方、副作用、リバウンドについて知りたい!!

ベージュ細胞でダイエットって一体何なの!?

カロリーメイトでダイエット!本当に痩せるの!?

便秘改善に寒天が効果アリ!

食べ過ぎて苦しい時に簡単に出来る5つの対処法

バイキングに月一で行く私が健康的に元を取る食べ方のコツを伝授!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする