花粉症にヨーグルトが効果的ってホント!?食べるタイミングは!?

【SPONSORED LINK】




3d5830a1504fd01037c785513afb09a8_s

みなさんこんにちは( ^o^ )

元気にお過ごしでしょうか?

冬も終わりに近づき、いよいよ春の足音が聞こえてきましたね(#^.^#)

春が近づくにつれてみなさんもワクワクしているのではないでしょうか?

が、しかし、春の訪れとともにやってくるのが“花粉症”ですよね。これがまた辛い。

「この花粉症さえなければ楽しい春を満喫できるのに」そう思っている方も多いと思います。

そこで今回はそんな花粉症に効果的な食べ物をご紹介します!

花粉症に効果的な食べ物。それは、、、

「ヨーグルト」です!

ではヨーグルトがなぜ効果的なのか、いつ食べればいいのかについてお話します。

花粉症に対するヨーグルトの効果

なぜ花粉症にヨーグルトが効くのか!?花粉症というのはアレルギーの一種なんです。なのでアトピー性皮膚炎や○○アレルギーと呼ばれるものの仲間なんです。

アレルギーは自己免疫のバランスが崩れることで起こります。実際花粉症ではIgEという抗体(菌を殺す兵隊)が粘膜に付着した花粉に対して異常に反応することで起こります。つまり、身体の中の免疫のバランスを整えることができればそういったアレルギー症状は落ち着いてきます。

ヨーグルトにはみなさんもご存じの“整腸作用”という作用があります。この整腸作用が働くと腸内環境が良くなります。人間の体とこの腸内環境には密接な関係があり、腸内環境が改善されていくと免疫力が高まると言われています。また高まるだけでなくバランスも整うとされています。

つまり、この整腸作用こそが花粉症抑制のカギになるわけです。

ヨーグルトを食べる効果的なタイミング

先程のところでお話していたように、花粉症の症状を改善するには

ヨーグルトを食べる→整腸作用が働いて腸内環境が良くなる→免疫力が高まったりバランスがよくなる→花粉症症状が軽減する

というプロセスを経ていかなければなりません。

この整腸作用はヨーグルトを食べるたびに働きますが、1回で腸内環境が良くなるわけではありません。また、1回に大量に摂取したからといって大きな効果を得れるわけでもありません。

受験勉強のように毎日コツコツと少しずつでもヨーグルトを摂取することでようやく腸内環境が整い免疫に影響が出てきます。

それらを考えると即効性がないのはお分かり頂けると思います。ヨーグルトを食べ始めてから花粉症の症状が軽減されるまでに最低でも1ヶ月ぐらいかかると言われています。

したがって予防的に早くから食べておく方法が効果的であると言えます。

今回は花粉症にヨーグルトが効果的であるというお話をしました。

お話の中で触れてきましたがヨーグルトには免疫力を高めたり、そのバランスを整えたりする力があります。

つまり、花粉症だけじゃなく風邪の予防になったり、他のアレルギー症状を抑えてくれたりします。

これを機にヨーグルトを食べる習慣を身につけると、より健康的になるかもしれませんね(*^_^*)

こちらの記事もどうぞ▼

ラテックスアレルギーって何!?気になる症状とは!?

ミドリムシのちから<ユーグレナ>驚くべき効果とは!?

季節の変わり目になると肌が荒れるって人必見☆

寒暖差アレルギーの症状には、かゆみやじんましん、咳と様々です!

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする