躁鬱病の家族にはどんな接し方をしたら良いの?

【SPONSORED LINK】




20140724210500

躁鬱病の家族にはどんな接し方をしたら良いの?

みなさんは躁鬱病(そううつびょう)ってご存知でしょうか。以前躁鬱病の症状などに関する記事を書いているのですが、こちらもぜひお読み下さいね。

そこでも書いたのですが、躁鬱病は患者さん本人だけが頑張るのではなく、家族から患者さんへの支援も必ず必要となってきます。

そうすると家族にも負担がかかり、色々な問題を抱えていたりします。

今回は躁鬱病の患者さんを持つ家族が、躁鬱病の本人に対してどのような接し方をしたら良いのか

更にそんな家族に対して、周囲の人間がどのような接し方をしたら良いのかを述べていきたいと思います。

躁鬱病の患者に対して家族はどう接したら良いのか

躁鬱病を発病すると躁状態(ハイテンション)と鬱状態(ローテンション)の状態を行き来します。

躁と鬱を行き来するのでそれぞれに合った対応が必要になります。

特に躁状態の時には本人の病識がなく、病院への通院拒否も多くなりがちです。

また、一見すると病気と関係ない症状が出る事もあるんです。それは借金

躁鬱病の人はギャンブルをして借金をするなど、お金を散財する傾向が見られるんです。

こうなると家族としては本当に困りますので、なんとか本人に病気であることを理解させようとして一生懸命関わりますが、上手くいかないことが多いんです。

時には暴力的になり、家庭内暴力をふるうことも。そういった対応に追われ、家族は限界を迎えます。

また鬱状態になると今までのハイテンションな状況から一変し、気力をなくして何事にも取り組めなくなってきます。家族に自殺をほのめかしたりすることもあります。その度に家族は不安になり、本人をいつも気遣うようになっていき、とてつもないストレスを抱えていきます。

ですが、やはり家族なので何とかしてあげたくなりますよね。

まずは躁鬱病の患者さんに対して、やってはいけない事だけ注意して、あとはあまり考えすぎずに接するのが良いようです。

躁鬱病の患者さんにしてはいけない事

・「頑張れ」とプレッシャーをかける

・躁状態の時にやらかした事をいつまでも責めない

・なまけている!などとけなす

・話を聞いてあげる

・薬にばかり頼る

・気を遣いすぎて腫れ物に触るように接する

上記の事は躁鬱病の患者さんにはタブーとされていますので、気を付けたいところです。

躁鬱病患者を持つ家族に対して周囲はどのように接したら良いのか

今度は躁鬱病の患者さんを抱える家族に対して私たちがどのように接したら良いのかについてです。

先程のセクションで述べてきたように家族は想像もつかないようなストレスを抱えることになります。患者さんを支援していく立場にある家族が疲弊し、支援が継続困難になるケースも稀ではありません。

患者さんが社会復帰していくときも家族の後押しは非常に大切です。そんな時に家族が支援できない状況になっていたとしたら、患者さんも上手く社会へ復帰することが難しくなるでしょう。

では、そんな家族を支えることができるのはいったい誰なのでしょうか?

それは周りにいる私たちです。

こういった場合、家族がストレスを吐き出せる場所が必要です。

身近にお付き合いのある家庭がこのような状況になっていたらどのように接するのがいいのか。

それは“聴く”ということです。耳を“傾ける”ということです。

それを傾聴(けいちょう)と言います。

家族の方々は励まされたいとかアドバイスをもらいたいなどとは思っていません。

ただありのままのことを聴いてほしいだけなんです。

身近に躁鬱病患者さんをもつ家族がいたら、そっと耳を傾けてみてください。

それが躁鬱病患者さんを持つ家族の方々との接し方の第一歩になると思います。 

こちらの記事もどうぞ▼

躁鬱病の症状や治療について調べてみました

ゴルゴ松本 命の授業が想定外すぎて泣けた

不眠症で眠れない!薬に頼ってでも寝た方が良いの!?

ストレスで頭痛やめまいが伴う場合の原因と対処法

ストレスで腹痛や吐き気が伴う場合の原因と対処法

ストレスで起こる胸の痛みは放っておくと怖い!

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする