エボラ熱は日本に上陸する!?各自で出来る対策をしよう!

【SPONSORED LINK】




e36bfc9ecef277acf2491d1f05b44066_s

エボラ熱のニュース、最近はめっきり少なくなったなーなんて安心してたんです。

でも・・・。米国の感染者の男性が死亡という痛ましいニュースで、「これはやばいんじゃないか・・・。」と不安になってきました。

エボラ熱を完璧に封じ込めると息巻いていた米国が初期判断ミス。

なぜ男性に簡単に抗生剤を投与しただけで帰宅させてしまったんでしょうか。

その時の医師に恨み節をぶつけたい気分です。

何でもそうですが、心配し過ぎな位がちょうど良いんですよね。

エボラ熱なんて国でのトップレベルの感染症なんですから特に慎重にならなければいけないのに・・・。

日本も鎖国する位しなければいけないんじゃないでしょうか!?

本気でそう思います。

エボラ熱が日本に上陸する可能性

これは、楽観的な意見から厳しい見解を示す意見まで様々です。

でも、「アメリカにきたなら日本にもくる」と専門家の人が言っていたそうで、この意見が一番妥当かなと思います。

先進国では衛生面的にパンデミックにまではならないとは言われてますが、どうなんでしょうね。

日本はパニックを隠す為に、もしもエボラ熱が日本に上陸してもギリギリまで隠すかもしれませんね。

政府の発表を鵜呑みにしない方が賢明かもしれませんね。

エボラ熱の潜伏期間・症状

今の時期インフルエンザも流行りだしますが、エボラ熱の症状も良く似ています。

・全身の倦怠感

・発熱

・筋肉痛

・頭痛

・胸痛や腹痛

・下痢

このような症状が出てきます。

潜伏期間は2日~21日と幅広いですね。

普通の風邪と良く似た症状が初めに出ますので、冬場は見分けがつかなく本当に怖いです。

エボラ熱の症状は進行すると、

・吐血

・下血

・意識障害

・臓器不全

このような症状に進み、その致死率はなんと80%とも言われています。

でも、こうして不安にばかりなっていても仕方がないですよね。精神衛生上良くない。。。

何より日本で感染したとしても、きちんと対応してくれる医療機関というのは少ないので、私たちはエボラ熱に感染するリスクを自分自身で低くする努力をするしかないんですよね。

エボラ熱エボラ熱には特効薬がなく、対症療法になるので、かかっても自分の力で治癒できるように免疫を上げる事が大事だと思います。

エボラ熱の対策の為に各自で出来る事

身体の免疫力アップには何と言っても睡眠です。

最近は夜の10時には眠るようにしています。

これだけでも身体の免疫力は高まります。

あとはバランスの取れた食事ですね。

ビタミンは積極的に摂った方が良いようです。

そして簡単な運動でも良いので継続して行い、筋肉を鍛える。

意外と知られていないんですが、筋肉がウイルスをやっつけるのに活躍してくれるそうなんです。

私は上記の事だけでは不安なので、体の免疫力を高めると言われているヤクルト400を飲み始めました。

あとは、姉からの勧めで深海鮫の肝油を原料とした自然の抗生物質と言われるサメミロンを購入しました。

身体の免疫力を高めてくれるそうなんで、期待しています。

なんだかどれもエボラ熱の脅威の前では、ただの気休めになってしまうかもしれませんが、やるだけの事はやっておこうと思います。

本当はエボラ熱の対策の事なんか考えずに、早く終結してくれるのが一番ですけどね。

関連記事▼

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする