睡眠時の体温のホント! 寝ている時は体温が下がっている!?

【SPONSORED LINK】




睡眠時の体温のホント! 寝ている時は体温が下がっている!?

睡眠時のほんと

「睡眠」は、人間にとって、日々の疲労回復のためにとても大切ですね。

夜しっかりとした眠りにつけないと、翌日まで疲れを持ち越し、それが続くと人は心身ともに疲れきってしまいます。

「睡眠」に関する悩みを持っている人は、とても多いと言われています。

夜しっかりと眠りに就くために、睡眠のメカニズムを知ることは、とても重要ですね。

意外と知られていない睡眠時の「体温」のホントの話について、紹介していきたいと思います。

睡眠と体温の関係について

小さい子供が眠くなると、子供の手や足はポカポカ暖かくなりますね。

また、睡眠時、寝汗をかいて夜中に目が覚めることもあるかと思います。

こうした経験から、人は睡眠時に体温が上がる、と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし実際には、睡眠時に体温はむしろ下がるのです。

体温を下げるために、人は無意識のうちに、体内の熱を外に放出しようとします。

そのため、眠る前には人の体温は一時的に上がり、軽い発熱が起きた状態になります。

眠くなった子供の手足が暖かくなるのはそのためです。

睡眠中は、「疲労回復」のために、体内の代謝は活発になります。

多くの栄養や酸素を体中に行き渡らせる必要があるため、血管も広がります。

血管を広げ、余分な熱を体外に放出しながら、代謝を行います。

活発に代謝をおこなうことで、脳や体の温度を下げ、クールダウンしていきます。

「脳」も日中フルに活動し、少々オーバーヒート気味になっているため、夜は脳の温度をしっかりと下げ、脳の休息を取る必要があります。

体温が下がっている時ほど、疲労回復のために分泌される「成長ホルモン」が多く出ることが分かっています。

この「成長ホルモン」をたくさん分泌し、疲労回復を促すためにも、睡眠時の体温は低いほうがいいのです。

熟睡してしっかり成長ホルモンを分泌させることで、脳は疲労回復することができ、ストレスも解消されます。

「快眠」のためには、体温が低くなってきたちょうどその頃に、横になり眠りにつくのがベストなんです。

快眠に必要な「体温調節」について

夜ぐっすりと寝るためには、適度に体温を下げる必要があることがわかりましたね。

では実際、快眠に必要な「体温調節」は、どのように行えば良いのでしょうか。

「睡眠」のために体が体温を下げ始める前に、入浴などによって、意識的にいったん体温を上昇させておくと、入浴後、自然と体温が下がり、眠たくなってきます。

なので、入浴は就寝時間の2~3時間前がお勧めです。

ちょうど就寝時間に合わせて体温が下がり、眠たくなってきます。

逆に、仕事の都合などで、就寝時間直前に入浴をしなくてはいけない場合、入浴によって体を温めすぎると、逆に体温が下がるまで時間がかかり、寝付けなくなってしまいます。

そういった場合は入浴時のお湯の温度はぬるめにしてください。

また、もともと冷え性の人は入浴で体を温めたあと、ぬるめのお湯で足浴等をして体温を下げ、意識的に体温の温度差を付けてあげると、格段に寝つきが良くなるそうです。

睡眠時の体温のホント! 寝ている時は体温が下がっている!?まとめ

睡眠時の体温の変化が、よりよい睡眠と密接に関係していることが分かりましたね。

体温のメカニズムを利用して、ぜひとも寝付きをよくしたいものですね。

特に暑い夏は、エアコンを上手に利用して、寝室の温度にも気をつけたいものです。

暑すぎる室内では、思うように体温が下がらず、寝付きも悪くなります。

眠る前に、ある程度エアコンなどで寝室を冷やしておくと、体温も上手に下がり、眠りにつくことができます。

よりよい睡眠が、活力のある毎日を作り出します。

よく眠り、夏バテを吹っ飛ばし、暑い夏を乗り切っていきましょう(#^.^#)

【SPONSORED LINK】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする