【詳しく知りたい】情報館

生活している中でのちょっとした疑問や不安。詳しく知りたいから調べちゃいました!

子供の習い事はピアノだけで十分!その驚くべき根拠とは!?

子供の習い事、悩みますよね。

 

子供には何かしらの習い事をさせたい。

そんな風に思う親御さんが多いんじゃないでしょうか。

 

 

我が家も違わず、上の子(12歳)にピアノを習わせてます。

 

 

旦那がどうしてもピアノを習わせたいって言って

3才からピアノを習わせてます。

 

でも子供の習い事って他にも沢山あるじゃないですか。

 

英会話、水泳、習字、そろばん、

ダンス、体操、ギター、バレエ・・・

 

そんな沢山ある習い事の中から

自分の子供に合ったものを見つけるって

結構難しいですよね(+o+)

 

 

私も旦那からピアノが良いと聞いた時、

「他にも習い事は沢山あるのにどうしてピアノ?」

と思いました。

 

 

でも最近になってからですが、

なんとピアノを習わせる事は

“子供に大変良い影響を与える”

ってことを知ったんです。

 

 

澤口俊之さんと言う脳科学者の先生は

「子供の習い事はピアノだけで良い」

と断言しています。

 

 

え・・・。そんな言い切っちゃう程?

と最初は驚きましたが、

その発言には驚くべき根拠があったんです!(・o・)

 

 

 

スポンサーリンク


①HQの向上はピアノが最適である。

 

前頭前野の知能の事で人間性知能の事をHQと言います。

 

このHQが高いと、人間としての

思いやり、協調性、計画性、理性など、

様々な感覚を養ってくれるのです。

 

驚くべきことにこのHQは

学校で学ぶ国語や算数、理科、体育などでは

育てられないそうなんです!

 

人間特有の知能なので、このHQが高い人ほど

 

良い会社に就職出来たり、

結婚生活がうまくいったり、

人との関係が良好だったりする

 

らしいんですΣ(゚◇゚;)

 

他の習い事と比較してもピアノがダントツだとの

研究結果が出ているらしいです。

 

 

私がピアノ習いたかったわ・・・・orz

 

 

②ワーキングメモリーの能力が高まる

 

ワーキングメモリーと言うのは、

生活する中で考える力、記憶しながら作業する力。

ちょっと難しいけど、私たちは生活の中で

このワーキングメモリーを沢山使っているんです。

 

たとえば人と会話してる時に他の人に話しかけられると

「今何を話してたっけ?」となりますよね。

でもワーキングメモリーの能力が高い人は

今話していた人との会話を記憶しつつ

別の人との会話も出来る。そんな感じです。

 

 

ワーキングメモリーやHQを鍛える事は

通常の知能(IQ)も鍛えることにも繋がるので

頭の良い子になるんですって。Σ(゚◇゚;)

 

 

 

③ピアノは脳の働きを根本から変える

 

ピアノって両手の指を使いますよね。

これってすごく脳の働きを高めるんですって。

 

両手を使う事で右脳と左脳を刺激し、

 

側頭葉
前頭全野左
海馬
頭頂葉

 

脳のこれらの部分を活性化するんだそう。

なんだか色々難しいけど要するに

 

脳を鍛える=HQ、ワーキングメモリー、IQを鍛える

 

そんな風に考えてもらって良いと思います(#^.^#)

 

 

 

④とにかくピアノを習うと色々すごい!

 

習い事がピアノだけだと

運動系はダメってイメージですよね。

 

 

ところが!脳の活性化により多様な神経に

良い影響を与えるので、運動神経の向上にも

大きく影響するらしいのです!
そして耳を使うので外国語への適応能力も優れるとの

研究結果が出ているそうです。

 

 

そしてママさん達には嬉しい事ですが、

ピアノを習った子供はキレにくいそうです。

 

まぁこれは前述した人間性としての知能である

HQが高まるからなので至極自然な事なんですね(#^.^#)

 

 

 

私はこれらの事を色々知った上で

ピアノを習わせたわけではないんですが、

この事実を知った時は

「ピアノ習わせてて良かった~~(゚Д゚)」

と思いました。

 

 

下の子も3~4歳位になったら

絶対にピアノを習わせようと思います(#^.^#)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top