*

七夕の短冊の願い事、こう書くと効果的☆

公開日: : 最終更新日:2014/07/30 子供, 生活

七夕の短冊の願い事、こう書くと効果的☆

 

20140730210903

 

もうすぐ七夕ですね~。

 

でも、もう何年も七夕の短冊に願い事なんて書いてないかも。。。

 

 

子供のころは本当に七夕の日が近づくにつれ

「今年は晴れるかな~。織姫と彦星、会えるかな~。」

なんてドキドキしていましたが、最近では、七夕の日すら意識しなくなっています。

 

子供のころは純粋だったんですね~~~。

 

まぁでも、子供が保育園や学校で七夕の短冊を書いたりするので、子供絡みで「あぁ、今日七夕だったね~。」と思い出したりしてます(*^。^*)

 

今までなんとなく書いていた七夕の短冊の願い事。

 

子供が何やら気になることを言い出したのです。

 

「願い事が叶う書き方があるんだって!!(大興奮)」

 

・・・それ、本当~~~?初耳なんだけど~~~。

 

ところがどっこい!調べてみると本当だったんですよ(+o+)

 

 

七夕の短冊の願い事の効果的な書き方①

 

まず、精神論ではありますが、

「○○になりますように」と言う書き方より、

「必ず○○になる」と断言して書くと、一層効果的なんだそうです。

 

言霊ってありますが、人が発する言葉にはとても大きな力が宿っているんです。

 

短冊に書く願い事も同様で、「必ず○○になる」と強い意志で言い切る事で、普段の生活自体がその願い事を叶えるような行動になるらしいんです。

それも無意識に。

この方法はとても簡単なので、ぜひ今年の七夕の短冊にはこのように断言する形で願い事を書いてみましょうね♪

 

 

七夕の短冊の願い事の効果的な書き方②

 

これは短冊の色を願い事によって変えるという方法。

 

もともと古来より七夕の短冊には、

青(緑)、赤、黄、白、黒

この五色が使われていたそう。

 

これは「五色の短冊」の歌詞からも分かりますね^^

 

今は黒は縁起が悪いからという理由で紫に変えられたそうです。

 

それぞれの色には下のようにちゃんと意味があるんだそうです。

 

)・・・人間の力を向上させる。善い行いをする。

・・・両親や祖先への感謝の気持ち。

・・・知り合い・友達を大事にする。信頼。

・・・決まり事や義務を守る。

・・・勉学の向上。

 

風水にも通じそうな感じですよね^^

 

なので我が家の場合、家族円満を願いたいから黄色?なのかな?

 

 

まぁあくまでも参考にとどめておいて下さいね。

 

あまり色にとらわれず、家族でワイワイと願い事を書くことの方が大事ですからね(#^.^#)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

夜中に足がつるのは何故!?原因・予防法が知りたい!

    「うぎゃぁぁぁ!!!あ、足がつったぁぁぁ!!!」  

記事を読む

花粉症の妊婦さんは薬を飲むべき?我慢するべき?

  みなさんこんにちは(#^.^#) 今年ももう2月となり、もうすぐこの冬も終わり

記事を読む

早起きしたいけど意志が弱く二度寝ばかりの私が試した3つの方法!!

 私は本当に早起きが苦手です。そして意思が弱いので二度寝は必須。まぁそれでも毎日ギリギリ起

記事を読む

眠れない時に寝る!!5つの方法!!

 皆さん、毎晩よく寝れていますか?? 私は、昔からあまり寝つきがよくないほうです。これと言

記事を読む

アニサキスの症状が怖い!!魚の種類はどれに注意!?対処法は!?

 生魚の寄生虫が原因のアニサキス中毒って知っていますか?どうやら最近このアニサキス中毒にな

記事を読む

お茶でうがいって本当に効果があるの!?

お茶でうがいをする事は、普通のお水でうがいをするよりも実に様々な効果を期待することができるのはご存知

記事を読む

オフィスの冷房による乾燥肌!困っている人必見の対策方法とは!!

オフィスの冷房による乾燥肌!困っている人必見の対策方法とは!!    

記事を読む

知覚過敏なのか虫歯なのか見分ける方法とは!?

 最近歯磨きが怖いです・・・。歯ブラシする時に「ツキーン!」って痛むんで、毎食後の歯磨きが

記事を読む

ゴルゴ松本 命の授業が想定外すぎて泣けた

  ゴルゴ松本さんが行っている『命の授業』が想定外すぎてテレビの前でボロボロ泣きまし

記事を読む

タカタのチャイルドシートって良いの?不安な人に口コミをご紹介♪

タカタのチャイルドシートって良いの?不安な人に口コミをご紹介♪     赤ちゃん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑